Posted by : Hokkaido TURNS
スポンサード リンク

新冠町(にいかっぷ)は、北海道の日高地方にある町で、日本有数の軽種馬・サラブレッドの産地として知られています。また近年は、「レコード」と「音楽」による街づくりが進められています。しかし、農家の労働力不足や農業の担い手不足、さらに山間部地域のコミュニティ(自治会等)活動を支える人材不足などの問題が深刻化しつつあるのが現状です。


その新冠町で、農業支援員として地域おこし協力隊が募集されています。農業支援員として委嘱された方は、居住することとなる集落の一員として地域活動へ参加するとともに、初期段階は研修として農業を体験し、その後は、新規就農候補者として、労働力が不足している農家の農作業へ従事しながら、農業技術や経営ノウハウなどを習得し、最終的に新規就農を果たし定住することを期待されています。町としても出来る限り新規就農に向けた支援等をしていただけるようです。

農的な暮らし、新規就農を目ざす若い方は、ぜひ応募を検討されてみてはいかがでしょうか。

新冠町地域おこし協力隊募集要領
雇用関係の有無なし
活動概要
※地方自治体より、右記の地域協力活動を行う旨の委嘱を受けます。
(1) 農業支援員(農業ヘルパー)として、労働力が不足している各種農家の農作業等に従事する。
 主に夏季はピーマンの収穫作業、冬期は酪農、肉用牛の牛舎清掃作業等に従事し、受け入れ農家へは3~5日単位のローテーションで巡回する。
(2) 居住する集落の一員として地域活動(自治会活動)に参加する。
募集対象平成26年4月1日現在で20歳以上35歳以下の方で、次のいずれにも該当する人が対象となります。

(1) 現在、三大都市圏をはじめとする都市地域等(過疎、山村、離島、半島等の地域に該当しない市町村)に在住しており、採用後新冠町内に生活拠点を移し、住民票を異動できる者。
(2) 居住することとなる集落になじむ意思があり、住民と共に地域活動に取り組む意欲のある者。
(3) 農業に精通、もしくは興味があり、就農(独立就農又は雇用就農)をめざす者で、期間終了後に新冠町に定住する意欲のある者。
(4) 普通自動車免許及び自家用車を持っている者。(平成26年4月1日現在で自家用車を所有できる方を含む)
(5) 心身ともに健康で、誠実に職務ができる者。
募集人数1名
活動場所新冠町内
活動時間(1) 1日8時間、週40時間を原則とする。
(2) 始業・終業時刻及び休日(週2日)は、業務ローテーションにより変動します。
任用期間・任用形態(1)身分は、「新冠町地域おこし協力隊設置要綱」に基づき、町長が委嘱する。
 (雇用契約は結びません)
(2)平成26年4月1日~平成27年3月31日まで
 ただし、業務・活動状況等の評価を行い、最長3年まで任期を延長する。
 (平成29年3月31日まで)
報償費(1) 報償費  月額167,000円
      配偶者加算13,000円・扶養者加算6,500円  
(2) 車借上料 月額30,000円
(3) 通信費  月額 5,000円(モバイル通信端末)
※雇用保険には加入しません。また、健康保険料及び年金保険料は各自負担となります。
待遇・福利厚生・町内太陽地区の農業支援員専用住宅に入居していただきます。(家賃は町が負担)
・作業服、防寒着、長靴、軍手などを支給
申込受付期間2013年12月25日~2014年01月31日
選考の流れ(1) 第1次選考
  書類選考の上、結果を文書で通知します。
(2) 第2次選考
  第1次選考合格者を対象に、新冠町において面接試験を実施します。
  日時は第1次審査結果を通知する際に通知します。
  なお、第2次選考試験のために必要な交通費等は個人負担となります。
参考URL募集要項・応募用紙などは、こちらから http://www.niikappu.jp/sangyo/nogyo/nogyosienin.html
備考新規就農に関する研修プログラムを用意、専任の相談員が農業研修や地域活動の相談を対応、自立に向けた支援を実施します。

お申し込み、お問い合わせは
新冠町産業課農政グループ
〒059-2492 北海道新冠郡新冠町字北星町3番地の2
TEL:0146-47-2183


スポンサード リンク

記事がお役に立ちましたら、クリックお願いします!

こちらの関連記事もどうぞ

スポンサード リンク

- Copyright © Hokkaido TURNS -Metrominimalist- Powered by Blogger - Designed by Johanes Djogan -